抜け毛対策 薄毛完全復活育毛研究所

スポンサードリンク

2008年09月07日

薄毛食生活で改善

体質改善で薄毛を回復する方法が私の経験したなかで結局一番効果がありました。 睡眠時間 食事栄養のバランス 適度な運動 頭皮マッサージ その中で気軽に実践出来るのが食生活での改善です。 まず髪の毛自体がタンパク質で出来ています。 そして人間の体が栄養不足になると一番最初に栄養が行かなくなるのが悲しい事に髪の毛なんです。 だから普段からマッサージで頭皮の血行を良くしたり水分補給を充分にする必要があるのです。 ちなにみ髪の毛の成分は何か知っていますでしょうか? 髪の毛はアミノ酸が結合したタンパク質が90%をしめています。 髪の毛は、アミン酸(主にシスティンとメチオニン)と言うたんぱく質が、体内で分解され、その成分が再編されて出来ています。 再編の為の繋ぎは、ビタミンCとコラーゲン(たんぱく質の一種)が重要な役割をしています。 水分を除いた人体の半分はたんぱく質で構成されていて、さらにその内の30%〜40%がコラーゲンです。 また、皮膚の約70%、骨の20%〜25%がコラーゲンで形成されていて、美しい肌、丈夫な骨、血管、血液、眼球などに多く含まれていて、消化器官の保護、血圧上昇抑制作用にも重要な働きをしています。 コラーゲンは人体の形成に無くてはまらない存在で、もちろん、髪の毛にも大きな貢献をしています。 ところがコラーゲンを体内で生成する力のピークは30代。それ以降、加齢とともにコラーゲンの量は徐々に減ってきます。また、紫外線によってコラーゲンが破壊されることも分かっています。まだ30代だからといって油断は禁物。普段の食生活で、コラーゲンをきちんととるように心がけることが大切です。

HOME
posted by 薄毛育毛研究所 at 16:04 | 抜け毛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薄毛解決

『日本唯一の発毛治療専門病院から誕生!』ヘアメディカル・スカルプD!
HOME
posted by 薄毛育毛研究所 at 15:50 | 抜け毛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

抜け毛対策で諦めるな

抜け毛が増えて髪が薄くなっても、諦めてはいけません。
髪を生やす方法はいくつかあります。
身体的なリスクが必要な物もあれば、少し時間のかかる方法もございます。

その1:頭皮に刺激を与える方法
頭皮を刺激をする事で、髪は一時的に生えやすくなります。
しかし持続は難しく、生えたとしても産毛で終わる事が多い方法です。
ブラシで頭を叩く方法「間違った方法ですが」も、ここに分類されます。

その2:降圧剤により血管の収縮を利用する方法
ミノキシジル等を配合する事により、血管を収縮させ髪を生やす方法。
欠点は身体的なリスクがある事です。
間違った使用方法をすると大変な事になる場合もありますので、注意が必要です。
使用を止めると髪の状態は元に戻ります。

その3:頭皮を弱酸性に整える方法
頭皮を弱酸性に整える事で、新生毛の生えやすい状態にする方法。
育毛を始めとするヘアケアの基本で、絶対に外してはいけない方法です。
時間がかかる変わりに、発毛につながった場合に髪が育つ確立が高い。

抜け毛対策で1番大切なことは、「頭皮を弱酸性の健康な状態にする」事です。
どんな物、どんな方法で育毛をするとしても、頭皮環境が良くなければ成功しません。
畑の土が良ければ良い作物が育ちやすく、海がキレイなら魚がたくさん住める。
頭皮も同じで土台が大切なのです。

その為には、無添加でアミノ酸系のシャンプーを使用して下さい。
安価なものには弱酸性剤といって、アルカリ性の製品を無理やり弱酸性にする添加物が
配合されている事がありますので、頭皮、髪に改善が見られなければ、製品を変えて下さい。



HOME
posted by 薄毛育毛研究所 at 17:14 | Comment(6) | 抜け毛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラッシングで抜け毛対策

ブラッシングは頭皮に刺激を与えるため、頭皮の血行を促進し抜け毛の対策になります。しかし間違ったブラッシングを行ってしまうと、髪の毛のキューティクルを傷つけることになってしまいますし、頭皮を傷つけることにもなってしまいます。 まずブラッシングをはじめる前に、ヘアブラシはどんな種類のものを使ったらよいのかを考えてみることにしましょう。ブラシは摩擦が起りにくい素材のもので、頭皮に優しいものを選ぶようにします。ブタの毛やイノシシの毛で作られたヘアブラシがよいでしょう。金属製のものやナイロン製のものは、髪も頭皮も傷つけてしまう可能性が高くなりますから避けるようにします。 また、ブラシの先端がとがったものは頭皮を傷つけるので、とがっていないものを選ぶようにします。ブラシの目があまり細かいものは、髪の毛に絡みやすくなります。 ブラッシングをする時には、なるべく髪が少しだけ湿った状態でするようにしましょう(特に乾燥した季節)。かといって髪が濡れすぎた状態では、キューティクルがはがれるのでよくありません。若干湿った状態というのがポイントです。 頭皮の血行をよくしようと考えてブラッシングを行うと、ついつい力が入りがちになってしまいますが、頭皮を傷つけるだけですから、ブラシの先は頭皮にきつく当てないようにブラッシングします。ブラッシングの途中で髪に引っかかった時には、決して無理してはダメです。一旦指を使って絡みを取り除いてください。 またフケを落とそうとしてシャンプー前にブラッシングをされる方もいらっしゃいますが、これでは頭皮が傷つくだけです。フケはシャンプーで落とすものです。 抜け毛の対策のブラッシングをまとめてみると、髪や頭皮に優しい素材のヘアブラシを使うこと、ブラッシングはやさしく行うことが頭皮の血行を促進することになりますし、切れ毛や枝毛も防ぐことにつながります。
HOME
posted by 薄毛育毛研究所 at 17:09 | 抜け毛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツボを刺激して抜け毛を予防

抜け毛を予防するために、ツボのマッサージは効果があるとあちこちでいわれていますから、ぜひ毎日行うことをおすすめします。ツボを刺激する時には、頭皮マッサージと同じように、爪が伸びていれば切って清潔にしておく、また、爪を頭皮に当てないように刺激するようにします。 人間の体には多くのツボが存在します。東洋医学ではツボは重要なもので、その数は三百を超えています。不調を起こしている部分を指圧すると、それぞれの部分に刺激が伝わり効果があることがわかっています。 抜け毛を対策するためのつぼはいくつかあります。まず、頭の中心となるツボ百会から刺激してみましょう。 ○百会(ひゃくえ) 左右の耳から上がった点で、顔の左右の中心部にあるツボ。つまり、頭のてっぺんにあるツボです。親指を使って頭の芯の方へ向かうように指圧します。百会のツボは頭皮だけでなく、全身の血行をよくするとされています。 ○天柱(てんちゅう) 後頭部の首の骨の両側、髪の生えぎわにあるツボです。太い筋の外側を刺激します。両手を後ろに回して、こちらも親指を使い指圧します。天柱は、頭痛や肩こりの解消にも効果のあるツボです。 ○風池(ふうち) 天柱の外の方にあり、頭骨隆起のすぐ下の陥没した部分と乳様突起(耳の裏側)との間にあるツボで押すと気持ちよく感じる部分です。頭痛や眼精疲労などにも効果があります。 指圧は力の入れ具合が素人には難しい点です。リラックスした気持ちで行い、あまり力を入れすぎず気持ちよく感じる程度の力で指圧しましょう。

HOME
posted by 薄毛育毛研究所 at 17:08 | 抜け毛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抜け毛予防対策

抜け毛対策・予防を考える前に、抜け毛予防対策を始めた方が良いと思われる基準のようなものを知っておく必要があります。一般的に、人間の毛髪は1日に50〜100本位、秋にはもう少し多くて200〜300位抜けるのが正常だと専門家の間でも見解が一致しています。ですので、抜け毛が上記の数程度であれば、これといって毛髪・頭皮に悩みを抱える事はないでしょう。 抜け毛の原因としては、カラーリングで頭皮、頭髪にダメージを与えること・過度のストレスで頭皮の血行を悪くすること・お酒の飲み過ぎで髪に必要なたんぱく質が作れず毛髪の成長を妨げ抜け毛になること・頭皮に合わないシャンプーの使用・頭皮の汚れ、などがあります。 では抜け毛予防対策の方法を紹介しましょう。 毛髪の毛穴の中の皮脂を除去する・・・頭皮にへばりついている皮脂を除去出来ても,毛穴の中には皮脂が残ります。たいていの抜け毛予防剤・育毛剤は,水性ですので,皮脂が毛穴の中に残っていますと,それが邪魔して,育毛剤が働かなければならない場所にまで,つまり,毛穴の中まで入っていきません。毎日のシャンプー時に頭皮マッサージなどをしながら,毛穴の中の皮脂を除去するようにしてください。 シャンプー剤等の正しい使用・・・手に取ったとき,500円玉程度の量(ポンプ式ボトルの場合は,ポンプ1回押しの量)で,必ず,数滴の水分を加え,両手でよく泡立たせてから使用してください。また、爪を立てて洗うなどをしますと,頭皮に出血を伴わなくても,細かい傷が出来てしまいます。これをカバーしようとして,皮脂の分泌が活発になるため,脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症の原因になることもあると考えられます。指は,必ず,「指を軽く曲げてパソコンのキーに触れる場所」を使用するようにしてください。ただし,それでも爪があたる場合は,指の腹を使用するようにしてください。次に、すすぎを十分に行ってください。すすぎの目安は,頭皮のみで2〜3分間とし,毛髪の毛が長い人の場合は,髪の毛をすすぐ時間も加えること。すすぎ不足は,頭皮に炎症を起こし,それが原因で脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症になることもあります。シャワーや汗,雨などで頭皮が濡れたとき,頭が痒くなるようでしたら,すすぎ不足を疑ってみてください。
HOME
posted by 薄毛育毛研究所 at 00:55 | 抜け毛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

頭皮洗浄ブラシ モミダッシュNEOでマッサージ

今話題ですがこれでシャンプーをすると毛穴がビックリするくらいきれいになります。 サロンなんかでもまず育毛剤の浸透率や頭皮環境を整える為に頭皮洗浄はかかせません。 しかも、自宅で手軽に出来ます★
頭皮洗浄ブラシ モミダッシュNEO

頭皮洗浄ブラシ モミダッシ…

販売価格¥12,800

●”もみだし洗い”で毛穴スッキリ!軟質ブラシが頭皮をつまむようにモミ上げ、毛穴の汚れを浮き上がらせて落とします…

頭皮洗浄ブラシ モミダッシュNEO頭皮洗浄ブラシ モミダッシュNEOをカートに入れる

HOME
posted by 薄毛育毛研究所 at 20:32 | 抜け毛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭皮へのマッサージ

洗髪(シャンプー)とおなじくらに大事なのが頭皮へのマッサージです。マッサージを行う理由は血行促進を促す事で毛髪の成長を助けることにあります。 何度も記述していますが、毛髪へ栄養を送り込んでいるのは頭皮内の毛細血管です。 頭皮が固く緊張した状態が続くと、血行も悪化し髪の毛も成長も止まりがちになってしまいます。 頭皮が固くならないように行うのが頭皮へのマッサージです。 指の下で上下にもみほぐしたり、つまみあげたりしてマッサージを行います。 気をつけて欲しいのは爪をたてずに、指の腹でマッサージを行う事です。 爪をたてると頭皮を傷つけるだけで逆効果となってしまいます。 生え際から頭頂部へむかって指の腹で円を描くようにもみほぐします。 軽く頭皮をつまんだり、指先で軽くたたくなどの刺激を与えて血流を良くしましょう。 また刺激を与えると言う点からブラッシングの際にブラシで軽く叩くのも有効です。頭皮を傷つけないように毛先の丸いブラシなどを使用すると良いでしょう。
HOME
posted by 薄毛育毛研究所 at 19:13 | 抜け毛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成長因子について

育毛で、大切なことはより有効かつ安全に5αリダクターゼを抑えDHTの変換を抑えるということです。
しかし、仮にうまく悪玉男性ホルモンDHTの変換を抑える事ができても、抜け毛の減少と産毛の成長だけで終わってしまう場合があります。
その産毛を、本来の力強い髪の毛までに育てる事は難しい事ではないでしょうか!?

毛の成長にとって決定的なものは、栄養でも女性ホルモンでもなく、成長因子そのものなのです。

成長因子は、IGF・VEGF・FGFなどで毛の成長には欠かせません。
現に、髭などが生えて成長するには成長因子がたくさん産出することにより起こります。
髪の毛の成長とは、毛乳頭のパピラ細胞の中で成長因子(増殖因子)の遺伝子が発現すること、これに対応する成長因子が分泌されて、次に毛母細胞の成長因子受容体がそれを受け取り、実際に髪の毛が成長して育っていくというしくみになっている。
悪玉男性ホルモンDHTをうまく抑える事はもちろん大切な事ですが、衰えた成長因子(増殖因子)をより活性化させる事が力強い髪の毛へと育て、私たちが望む理想の姿に近づく事ができるのです。
早い話、仮に私たちの髪の毛が悪玉男性ホルモンDHTの影響を受けてさらされていても、成長因子が活発に活動をしてくれれば髪の毛は元気に育つ事ができるのではないでしょうか!
発毛のためには成長因子の産出が必要です。


つまり脱毛の抑止するのは第一段階であり、次に発毛させて髪の毛を育てなければ、より良い育毛にはならないのです。


あえて言えば、成長因子が強ければ、悪玉男性ホルモンDHTの影響を受けても元気な髪の毛に近づけるということです。


現に、多くの男性はDHTにさらされているにも関わらず、普通に髪の毛はフサフサです。


つまり成長因子 が脱毛要因( DHTなどの毛の成長を妨げるマイナス要因)を上回れば、差し引きプラスで毛は成長し続けるという事です。

 

■男性型脱毛症の方は

強力なDHTなどの脱毛要因 > 衰えた弱った成長因子 ⇒毛が細くなり抜けてやがてハゲていく


■育毛で回復させる為には

抑制されたDHTなどの脱毛要因 < 活性化した成長因子 ⇒ 毛が元気に育ち続ける。



このような、図式が成り立つのではないでしょうか!?



そして何よりも有効な育毛は、髪の毛の周期である毛周期の成長期を出来るだけ長く保ち、力強い硬毛に育てて行かなくてはなりません。


そのためにも、毛周期の成長期をできるだけ長く保つ事が大切です。



HOME
posted by 薄毛育毛研究所 at 19:07 | Comment(0) | 抜け毛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水分補給に気をつけよう

ヨガで抜け毛・薄毛の予防
ヨガで抜け毛・薄毛の予防

ヨガでは、運動によって健康的に、抜け毛・薄毛を予防する方法があります。

抜け毛・薄毛は、ストレスなどによるホルモンバランスの崩れや、頭皮の血行不良などが原因で起きるとも言われています。

ヨガには、ストレスを解消し、血行をよくする効果があるので、このような抜け毛・薄毛の予防に役立つのです。またヨガの中には、頭皮の血行改善を促すものがあります。これによって、髪の毛の健康に直接働きかけることができるのです。

ヨガの中には、顔の表情筋の運動を行うものもあり、肌の老化防止や、表情を豊かにする効果だけでなく、顔の表情筋の運動をすることによって、顔とつながっている頭皮の血行もよくするので、抜け毛・薄毛の予防や改善に役立ちます。

ヨガの呼吸法

ヨガの呼吸法を活かした、抜け毛・薄毛を予防に役立つ方法を紹介します。

まず、楽に呼吸をしながら、眉毛をゆっくり上げいき、目を大きく開いたままで5秒間キープしてください。その後、ゆっくり目を閉じながら、眉毛を下げてください。

これを数回繰り返します。これは、頭皮を柔軟で健康な状態にすることができるヨガの呼吸法だと言われています。

抜け毛・薄毛の予防にはいろいろな方法がありますが、ヨガで、健康的に抜け毛・薄毛の予防ができたらすばらしいですね。



HOME
posted by 薄毛育毛研究所 at 18:57 | Comment(0) | 抜け毛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。