正しいシャンプー法とは 薄毛完全復活育毛研究所

スポンサードリンク

2008年09月03日

抜け毛が劇的に減るシャンプーの泡立て

シャンプーする時、頭に直接シャンプー液を置いて泡立てない。
まず、シャンプーを泡立ててからその泡を髪にかぶるようにして洗います。
1プッシュしたシャンプー液を洗面器に入れて、そこにお湯を少量入れて指を泡だて器のようにしてシャンプーを泡立てます。
ふわふわの泡になったらその泡を髪に持っていって洗います。
頭皮も指先ではなく指の腹で生え際から頭頂部に向かってマッサージするように洗います。
そしてきちんとシャワーで流します。酷い抜け毛が軽減します。

HOME
posted by 薄毛育毛研究所 at 17:04 | 正しいシャンプー法とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

毛穴の汚れの原因と正しいシャンプー知識

髪の毛の発育を止めてしまう原因として毛穴の汚れがあります。 ここでは毛穴の汚れの原因と正しいシャンプー知識について説明していきます。 まず、毛髪は毛母細胞のたんぱく質が化学変化し硬くなって伸びたものです。 この科学変化に大事なのが酸素です。この酸素は毛穴から毛母細胞へといくのですが、この毛穴が汚れなどで塞がれていると毛穴から充分な酸素が供給されず科学反応が起こりません。 その結果、生えてくる毛髪が細くなったり毛髪が生えにくくなってしまいます。 皮脂の塊、汚れが毛穴を防ぐ→皮脂が過酸化脂質へ変化する→酸素供給が不足→皮脂内で細菌が繁殖結果として頭皮の炎症などを招く原因となります。 そうならないように普段からシャンプーなどで洗髪をマメに行い清潔な頭皮を保つようにしましょう。 シャンプーの目的は髪の毛をきれいにすることではなく、頭皮と毛穴の汚れを落とすことにあります。 ブラッシングでフケや皮脂が浮き立たせます。 38℃程度のお湯で頭全体を濡らします。これで髪の毛についている埃などがとれます。 シャンプーを手のひらに取り指で少しずつ頭皮につけていきます。これは地肌を洗うためです。 髪の根元に指をいれて指の腹で頭皮を洗う。すすぎは念入りにおこなうこと 摩擦や乾燥から髪の毛を守るためリンスを髪の毛につける。頭皮にはつけないで髪の表面に塗るようにする。 就寝前ならドライタオルで水分をふき取り自然乾燥させる。極力ドライヤーは使わない。使っても軽く。
HOME
posted by 薄毛育毛研究所 at 19:12 | 正しいシャンプー法とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。