抜け毛を予防するドライヤーの使い方 薄毛完全復活育毛研究所

スポンサードリンク

2008年09月03日

抜け毛を予防するドライヤーの使い方

抜け毛を予防対策するには、ドライヤーの使い方は重要な意味を持ちます。ドライヤーの熱は髪の毛に悪い影響を与える可能性があります。髪の毛は三重構造になっており、中心から毛髄質、毛皮質、一番外側にあるのが、皆さんもご存知のキューティクルと呼ばれる毛小皮です。



ドライヤーの熱によって一番影響を受けるのはキューティクルです。キューティクルは約70度以上になると破壊されてしまいます。キューティクルは既に死んでしまっている細胞ですから、破壊されてしまえばもう元にもどることはありません。

髪の毛が傷む(キューティクルが傷む)といういことは、枝毛や切れ毛などの原因になってしまいます。髪の毛が弱く細っていればいるほど抜け毛になってしまう可能性は高くなります。

朝シャンをしようと夜に洗髪をしようと、タオルドライを行った後は自然に乾燥させるのが理想的であるといえますが、ドライヤーを使う必要がある場合も多々あります。抜け毛対策のため、ドライヤーを使う時のコツをおぼえましょう。

せっかちな人は高温でドライヤーを使おうとしてしまいますが、前述のようにそれではキューティクルを傷め抜け毛を増やしてしまいます。ですから、ドライヤーを使う時には、多少時間がかかっても髪の毛が高温にさらされないようにする必要があります。

具体的には、ドライヤーを髪に近づけすぎないこと(10p以上は離しましょう)と、風速温度共に強ではなく弱の設定で使うことです。乾かすのは根元から毛先へと乾かした方が効率よく乾かすことができます。

洗髪後の髪の乾燥以外でも、髪のスタイリングの時などには髪を湿らせてドライヤーを使うことも重要です。髪を湿らせるのは水でもよいですし、ムースやローションを使ったりするとよいです。また、髪は乾燥にも弱い性質がありますから、特に乾燥した季節のドライヤーの使い方には気をつけるようにしましょう。



HOME
posted by 薄毛育毛研究所 at 17:10 | Comment(0) | なぜ髪の毛が抜けるのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。